コミュニケーション能力テストで企業の人材採用を応援

Posted on Posted in 未分類

*本記事は全てフィクションです

コミュニケーション能力テストで

企業の人材採用を応援

2015年8月15日

  マイナビの主催するコミュニケーション能力テスト(Test of Communication Skills: TCS)は昨年、約9千人の受験者を集めた。これは、企業が人材の採用基準として「コミュニケーション能力」を挙げる近年の動向に対応するため始まった試験で、既に一部の企業が採用に当たり、TCSの点数の提出を求めている。

 この試験は、様々なシチュエーションにおける社会人としての正しい対応を、4つの選択肢から選ぶマークシート方式。最高得点は990点で、昨年の大手企業20社の内定者の平均得点は763点であった(マイナビ調べ)。大手広告代理店採用担当者は「限られた時間で、数千枚の履歴書に目を通さねばならない。このような状況下で、会社が重要視するコミュニケーション能力が数字で分かると非常に助かる。面接の場で口では何とでもうまく言えますが、数字は嘘がつけませんから。」と話す。

 早稲田大学では既に学部3年生に対し、夏期休暇中にTCS対策の特別補講を開講し、同学年中のTCS受験を義務付けている。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/skymansion/pocketbook.theskymansion.tokyo/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です